よくわかるノウハウバンク実践塾(JavaとVBA部品の紹介と勉強)中小企業経営者方へのIT本音の情報

 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿
    よくわかるノウハウバンク実践塾(JavaとVBA部品の紹介と勉強)
   (エクセルの初心者対象・プログラムの大革命)
http://vba.asai.net
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓VBAをマスターして仕事を早くして給料をあげよう。儲かる会社にしよう☆
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………
 ┃    VBA実践塾は、VBAはプログラムを作るのではない
部品を修正して使うという考え方で実施しております。
 ☆。.:*:・’゜  ─ 部品の公開メルマガ No94─
  ……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿
   よくわかるVBA実践請求関連(明細請求書)を勉強
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┿
┌─┐
│1├───────────────────────────────┐
└┬┘★前回はJava実践No12+-×÷ボタン処理の勉強をしました★   |
 └────────────────────────────────┘
  前回はJava実践No12(電卓を作ろうの9回目)+-×÷ボタン処理を勉強しました。
  今回はよくわかるVBA実践請求関連(明細請求書)を勉強します。
  エクセルの関数を使うサンプルを公開しました。
  http://vba.asai.net/sexceltukau.html
  エクセルの関数をVBAで使えれば早くプログラムが作れて便利です。
  しかし範囲指定がVBA実践塾で使っているCells(行,列)でなくR1C1
  A1の形式を使わないといけません。
  =SUM(B2:B8)を変数に代入して結果をセルに代入するには
  Application.WorksheetFunction.Sum(Range(“B2:B8″))を使います。
  
  追加された時の範囲を変更するには最後の行を取得して
  lastrow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  ”B2:B8″の代わりに”B2:B” & lastrowを使います。
  
  また範囲選択もRangeを使わないといけません。
  sumif sumifs dsumのように引数を必要とする関数の場合は文字列・変数
  を結合する方法が面倒くさくなります。
  特に”が必要になった場合はより一層面倒くさくなります。
  今回のサンプルを部品として活用すれば文字列の作り方が早くなります。
  
  VBA実践塾の考え方はFor Ifが使いこなすようになってから便利な関数を
  使うことです。
  
  初めから楽な関数を使うと応用がきかなくなる場合がありますので基本を
  確実にマスターしていってください。
  
  今月から発行しました。有料メルマガ
  http://www.mag2.com/m/0001639928.html
  の2回目11月1日発行は応用部品集の予定です。
  
  質問のある方またご意見のある方は自由にメールをしてください。
┌─┐
│2├───────────────────────────────┐
└┬┘★中小企業経営者また幹部の方へのITに関する本音の情報★    |
 └────────────────────────────────┘
  最近縁のあった3社ともエクセルのデータを基幹業務の入力に使っています。
  外国から送られてきた(メールに添付)船積みコンテナの明細データ
  パソコンの購買から廃棄までの履歴管理データ
  全国の営業所の営業マンが独自に入力した受注データ
  
  従来であればそれらのデータを再度基幹業務ソフトに入力していたのですが
  直接エクセルデータを入力データとして使っています。
  その結果事務員さんが半分になった会社もあります。
  
  パッケージソフトもよくなり数年前なら自動発注システムもカスタマイズで
  作っていたのですがそれらもパッケージに含まれるようになってきました。
  
  問題はソフト料金が高くなってきたことです。
  ハードは性能がよくなり値段が下がり続けていますが、パッケージソフト
  は性能がよくなって値段が下がるどころか上がっているように思えます。
  
  販売管理のあるソフトは以前300万円ぐらいであったのが1000万近く
  なっていて驚きました。
  もちろん端末台数にもよります。
  
  そのソフトにエクセルのデータを入力できるようにするカスタマイズの
  仕事がわが社の開発案件の一つです。
  
  そこで開発コストを下げるには社内でエクセルでデータを整理しておくことです。
  それにはVBAの活用が最適です。
  
  どの会社もエクセルのデータが多くなっていますので、早いうちにVBAを使って
  整理して合理化しておくことがこれからの企業の勝ち組になる条件だと思います。
  
  経営に役立つ情報は
  システムの戦略的内製化・経営者が自分で創れるオリジナル・システム
  http://www.seiton.jp/を参考にしてください。
┌─┐
│3├───────────────────────────────┐
└┬┘★よくわかるVBA実践請求関連(明細請求書)★          |
 └────────────────────────────────┘
  前回のJava実践No12(電卓を作ろうの9回目)+-×÷ボタン処理の勉強でした。
  今回はよくわかるVBA実践請求関連(明細請求書)の勉強です。
  今回は明細請求書
  http://vba.asai.net/shanbai3_4.html
  を参考にしてください。
  合計請求書は得意先シートに計算された当月御買上金額また当月入金金額
  が転記されています。
  また前月請求金額から当月請求金額を計算できますので得意先シートのみ
  印刷すればよかったのですが明細請求書は売上明細シートから発行したい
  得意先のデータを取り出します。
  
  その為明細請求書発行期間と得意先を選択するフォームを作りその条件で
  該当するデータを得意先シートと売上明細シートから取り出します。
  
  まず初めに得意先の選択をしやすくするためにリストボックスを準備します。
  
  Private Sub UserForm_Initialize()
Dim lastrow As Long
Dim i As Long
lastrow = Worksheets(“得意先”).Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
lstTokui.ColumnCount = 2
For i = 2 To lastrow
With lstTokui
.AddItem
.List(i – 2, 0) = Worksheets(“得意先”).Cells(i, 1)
.List(i – 2, 1) = Worksheets(“得意先”).Cells(i, 2)
End With
Next
  End Sub
  
  該当する得意先をダブルクリックで選択する為に
  Private Sub lstTokui_DblClick(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
txtTcode = lstTokui.Text
lblTname = lstTokui.List(lstTokui.ListIndex, 1)
  End Sub
  リストボックスの得意先コードと得意先名をフォームオブジェクトに代入
  します。
  
  得意先データおよび明細データの入力されていない明細請求書を作成しておきます。
  ここがエクセルを使う一番の利点です。
  
  普段使いなれたエクセルをワープロのようにしてきれいな請求書が作れます。
  その中にデータを転記するだけです。
  
  あとはエクセルの印刷機能を使って自由に印刷すればよいだけです。
  一番のポイントは発行したい明細請求書のデータを売上明細シートから
  作業シートに取り出してそのシートを明細請求書シートにコピーするところです。
  
  基本がわかっておれば部品を使うだけです。
  大事な点は仕事の流れがわかっていることです。
  では次のプログラムを理解して自分の部品集にしてください。
  
  Private Sub cmdJikkou_Click()
Dim i As Long
Dim j As Long
Dim lastrow As Long
‘売上データの取り出し
Worksheets(“作業”).Cells.Clear
‘明細請求書明細行クリア
For i = 16 To 48
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 2) = “”
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 3) = “”
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 4) = “”
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 6) = “”
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 7) = “”
Worksheets(“明細請求書”).Cells(i, 8) = “”
Next
lastrow = Worksheets(“売上明細”).Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
j = 1
For i = 2 To lastrow
If Worksheets(“売上明細”).Cells(i, 2) >= txtKaisi.Text And Worksheets(“売上明細”).Cells(i, 2) <= txtEnd.Text And Worksheets("売上明細").Cells(i, 3) = txtTcode.Text Then
Worksheets("作業").Cells(j, 1) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 1)
Worksheets("作業").Cells(j, 2) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 2)
Worksheets("作業").Cells(j, 3) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 5)
Worksheets("作業").Cells(j, 4) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 6)
Worksheets("作業").Cells(j, 5) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 7)
Worksheets("作業").Cells(j, 6) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 8)
Worksheets("作業").Cells(j, 7) = Worksheets("売上明細").Cells(i, 9)
j = j + 1
End If
Next
'ヘッダーのコピー
lastrow = Worksheets("得意先").Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
For i = 2 To lastrow
If Worksheets("得意先").Cells(i, 1) = txtTcode.Text Then
Worksheets("明細請求書").Cells(2, 7) = txtEnd.Text
Worksheets("明細請求書").Cells(3, 2) = "〒" & Worksheets("得意先").Cells(i, 3)
Worksheets("明細請求書").Cells(4, 2) = Worksheets("得意先").Cells(i, 4)
Worksheets("明細請求書").Cells(6, 2) = Worksheets("得意先").Cells(i, 2) & "様"
Worksheets("明細請求書").Cells(7, 3) = "コード" & Worksheets("得意先").Cells(i, 1)
Worksheets("明細請求書").Cells(3, 2) = Worksheets("得意先").Cells(i, 3)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 2) = Worksheets("得意先").Cells(i, 12)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 3) = Worksheets("得意先").Cells(i, 15)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 4) = Worksheets("得意先").Cells(i, 12) – Worksheets("得意先").Cells(i, 15)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 5) = Worksheets("得意先").Cells(i, 13)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 6) = Worksheets("得意先").Cells(i, 14)
Worksheets("明細請求書").Cells(13, 7) = Worksheets("得意先").Cells(i, 16)
End If
Next

lastrow = Worksheets("作業").Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
For i = 1 To lastrow
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 2) = Worksheets("作業").Cells(i, 1)
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 3) = Worksheets("作業").Cells(i, 2)
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 4) = Worksheets("作業").Cells(i, 3) & Worksheets("作業").Cells(i, 4)
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 6) = Worksheets("作業").Cells(i, 5)
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 7) = Worksheets("作業").Cells(i, 6)
Worksheets("明細請求書").Cells(15 + i, 8) = Worksheets("作業").Cells(i, 7)
Next
Unload Me
Worksheets("明細請求書").Select
Worksheets("明細請求書").PrintPreview
  End Sub
  
  次回のよくわかるVBA実践は請求関連(残高計算)を勉強します。
  次回のJavaは実践No13(電卓を作ろうの10回目計算式)を勉強します。
┌─┐
│4├───────────────────────────────┐
└┬┘★ 習うより慣れろ                      |
| 練習問題・実践をすることです ★     |
 └────────────────────────────────┘
  VBA実践のメルマガの永い読者はまた同じことかと思われるかもしれませんが
  基本は同じですのでそれを何度も少し変わった面から作ることが本当の
  力になってくるのです。
  わかったと思って訓練をしないと実践力がつきません。
  キャリアアップをめざして頑張ってください。
┌─┐
│5├───────────────────────────────┐
└┬┘★10月11月のVBA&Java実践無料セミナーは          |
| 10月 19日(日)     10:00~12:00            |
| 11月 1日(土)16日(日) 10:00~12:00            |
| テーマ:転職に有利なプログラム言語のJavaとキャリアアップに |
|  最適なExcelVBAを実践に基づいてわかりやすく紹介するセミナー★|
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│6├───────────────────────────────┐
└┬┘★10月11月のVBA実践有料セミナーは             |
| 10月 19日(日)26日(日)                    |
| 11月 1日(土)2日(日) 8日(土) 9日(日)15日(土)16日(日)22日(土)|
|    9:00~17:00 内容:VBA実践基礎       |
|    受講費用 ¥20,000(税抜・教材費込)     |
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│7├───────────────────────────────┐
└┬┘★ VBA実践塾の第1号「よくわかるVBA実践」CD版     |
| 発売中(価格5,000円)                |
| ご購入希望者はyahooショッピングにて販売中★          |
http://store.shopping.yahoo.co.jp/vba/★            |
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│8├───────────────────────────────┐
└┬┘★ 現金主義会計ソフトCD版                 |
| を発売しました(販売価格2,500円)         |
| ご購入希望者はamazonにて販売中)★            |
|http://www.amazon.co.jp/(現金主義会計ソフトで検索してください)|
|簿記は難しい。しかし税務申告はこの簿記の考え方を採用しています。|
|この会計は、最小の努力で税務申告も可能な決算書が完成できるように|
|工夫しました。指示に従って初歩の簿記知識もマスターしましょう。 |
 └────────────────────────────────┘

 ──────────────────────────────────
  次のOdysseyのサイトに漫画でVBAを説明していますので参考にしてください
  http://vbae.odyssey-com.co.jp/column/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □■セミナー場所・お問い合わせ先
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2-111
ナガセキャリアプラザ アベノ校
VBA実践塾 塾長 浅井良一
http://vba.asai.net
ryoichi@asai.net
電話0120-555-309

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中